ニュースレターに“販促ツール”を同封していますか?

ニュースレターに“販促ツール”を同封していますか?ol
メディカルコンテンツ(株) 田中 巧
 
 
このブログでは「ニュースレターだけでは売上は上がらない」という趣旨の話をたびたびしてきました。
 
 
ニュースレターというツールは、「人間関係の構築」「お客さんを啓蒙・教育する」ためのツールではありますが、直接的に売上を上げるものではありません。
 
 
あくまでも、売上を上げやすくするための土壌作りのためのツールです。
 
 
そのため、「ニュースレターを送ったら翌日から電話予約が殺到した」などということは、まず起きません。
 
 
しかし、ニュースレターとセットで販促ツールも送るとなると話はまた別です。
 
 
ニュースレターに「チラシ」や「パンフレット」を同封すると、お客様からの反響が良かったといった類の話はよくある話です。
 
 
そこで今回は「ニュースレターには販促ツールも一緒に同封する」といったお話をさせていただきます。
 
 
基本的なことですが、大切なことなので、改めてここでお話させていただきたいと思います。
 
 
 

★ニュースレターに販促ツールも一緒に同封していますか?

 
 
ニュースレターをお客様にお渡ししたりご自宅へ郵送する際、ニュースレターだけを送っていてはかなりもったいないです。
 
 
どうせなら、売り上げに直結する「チラシ」「パンフレット」なども同封しましょう。そのほうが確実に売上に貢献します。
 
 
以前、当社のお客様である医院・治療院さんに「アンケート」を行ったところ、ニュースレターを上手に活用して売り上げを上げているところでは必ずといって“販促ツール”も一緒にお渡ししていました。
 
 
では、どのようなツールを患者さんにお渡ししていたのかというと、
 
 
「ホワイトニングのパンフレット」
「定期検診のお知らせ」
「訪問診療のお知らせ」
「紹介ハガキ」
「割引クーポン」
「キャンペーンチラシ」
「自費治療に関するチラシ」
「おすすめ商品のチラシやDM」
 
 
などです。
 
 
当社のお客様の医院・治療院さんでは、このようなツールも一緒にお渡しされ、ニュースレターをとても上手に活用されています。
 
 
郵送でお客さんのご自宅にニュースレターを送る場合、販促ツールを中に入れても、郵送代はほとんど変わりません。
 
 
しかし、それぞれを別々で送るとなると、大変な出費になってしまいます。
 
 
したがって、今までニュースレターだけ送っていたという方は、販促ツールも必ず同封するようにして下さい。そのほうが経済的でもあります。
 
 
もちろんこれは、院内や店舗の中で配布する際も同じです。必ずニュースレターに販促ツールを挟んで渡して下さいね。
 
 
また、ニュースレターに販促ツールを同封するもう1つのメリットもあります。
 
 
それは、その販促ツールの効果が高まるという点です。
 
 
どうして販促物の効果が高まるのかというと、その秘密は「開封率」にあります。
 
 
ニュースレター自体は売り込みツールではありませんから、売り込みのチラシやパンフレットだけ送っている場合よりも開封率は高くなります。
 
 
そこを利用して、ニュースレターに販促ツールも同封すると、手に取ってもらいやすくなるからです。
 
 
表向きには、売り込み無し・役立つ情報満載のニュースレターを全面に出して開封率を高め、同時に一緒に入れている販促ツールにも目を通してもらえれば、効果が表れて当然ですよね。
 
 
せっかく手間暇かけてニュースレターを作るのですから、販促ツールを一緒に入れないのはとてももったいないです。これはぜひ、実践されて下さいね。
 
 
「でも…ニュースレターに販促ツールを同封したら、お客さんは嫌な気分になるのでは?」そんな不安は少なからずありますよね?
 
 
でも、その心配はいりません。お客さんの気分を害することはほとんどないでしょう。
 
 
なぜなら、人は不思議なもので「関係性を築くお便り」と「売り込みツール」がきっちりと分かれていれば、封筒の中にそれが一緒に入っていても嫌な気持ちにはならないようです。
 
 
もし、あなたがお客さんだったらどうでしょう?
 
 
関係性ができている所から届いたニュースレターの中にチラシが入っていたら、嫌な気持ちになるでしょうか?
 
 
おそらく、そんなに気にならないのではないでしょうか?
 
 
繰り返しますが、もし、これまでニュースレターの中に販促ツールを同封していなかったなら、ぜひ、これからは必ず同封されて下さいね。
 
 
販促ツールを単体で送っている場合よりも必ず高い効果が得られるはずです。
 
 
ただし、「チラシ」や「パンフレット」を一緒に送ったからといって、一発で大きな売り上げ増につながるかといえばそんなに甘いものではありません。
 
 
ニュースレターを通じて、お客さんとの人間関係が構築され、お客さんに知識がついて育っていくからこそ、販促ツールが大きく活きてくると考えて下さいね。
 
 
お客様に、「いつも売り込みばっかりのところ…」といった悪い印象を与えるか、「まめに連絡をくれるお客想いの熱心なところ」といった好印象を与えるか。
 
 
その分かれ目は、売り込みが一切ない、お客様に楽しんでいただくことだけを目的とした「ニュースレター」をお渡ししているかどうかだけの違いです。
 
 
 
ネタ切れの心配なし!月額4320でニュースレターを簡単に作って出す方法は? 
 
 
 

関連記事

新規顧客だけに渡すニュースレターを用意する

メディカルコンテンツ(株) 田中 巧     今回は「新規顧客だけに渡すニュースレターを用意する」こういったお話しをさせていただきますね!     すでにニュースレターを発行してい・・・

PREVIOUS
NEXT