ニュースレターってぶっちゃけ本当に効果あるの?

ニュースレターってぶっちゃけ本当に効果あるの?(ブログ画像)
メディカルコンテンツ(株) 田中 巧
 
 
「ニュースレターって本当に効果あるの?」
 
 
これは、ニュースレターを導入しようかどうか悩んでいる経営者さんからよくいただく質問です(苦笑)
 
 
今回はこの質問に対して、私なりにお答えさせていただきますが・・・私の回答は当然、「はい、効果あります!」です(笑)
 
 
でも、質問される方はそんなありきたりな答えを聞きたくて質問しているわけではありませんよね?本当に知りたいことはこうではないですか?
 
 
「ビジネス書を読んだり、コンサルの先生から聞いて成果が上がるのは知っているが、どうして成果が上がるのか?自分の中で腑に落ちない・・・」
 
 
お気持ちを代弁するとこうではないでしょうか?なので、私も「はい、上がります!」だけでなくて、その「成果が上がる理由」もあわせてお話したいと思います。
 
 
まず、あなたに質問ですが、たとえば、あなたが「車」が欲しいと思った時、相談するのはどっちの営業マンですか?「信頼や好感を寄せている営業マン」と「そうではない営業マン」どちらに相談するでしょう?
 
 
おそらく、前者ではありませんか?このように、信頼や好感を寄せている相手には、お客様も何かと相談しやすいものです。
 
 
また、売る方だって、自分に信頼を寄せてくれているお客様にはいろいろ提案もしやすいため、売り上げにもつながりやすいでしょう。
 
 
あなたにも経験がありませんか?信頼や好感を寄せている相手が、「いいよ」って言っている商品やサービスをついつい買ってしまったこと。
 
 
だからこそ、ニュースレターは何のために出しているのかといえば、「お客様に信頼や好感を寄せてもらうための活動」として出している、こう考えてください。
 
 
ただし、人間関係を育むだけではなかなか売り上げは生み出されません。実際に「商品を売る」という行為をしなければ、人間関係を育んでも目に見える成果は得にくいです。
 
 
もちろん、人間関係を育めばリピート率が向上したり離脱していくお客様も減るため、徐々に固定客が増えて長期的には売り上げに貢献しますが、やはり、目に見える効果を実感するためには、何かしら売り上げにつながる「チラシ」や「広告」のようなご案内をセットで一緒に出したときだと思います。
 
 
ニュースレターを定期的に送ってこまめに接触を図っているリストと、ほったらかしで何もしていないリストとでは、案内を出したときの反響率が倍以上変わることも珍しくはないでしょう。
 
 
ちなみに「人間関係を作るならSNSの方がいい」と思っている方もいると思いますが、そういった方にお尋ねします。
 
 
例えば、フェースブックの投稿を100回見るのと、直接一回会うのとではどちらのほうが人間関係を育めると思いますか?
 
 
おそらく、フェースブックで知り合った人と実際に会うと分かりますが、やはりリアルで会った方がその人のことをよく理解でき、人間関係も深まります。
 
 
人との接触には「メールやLINE、SNSのようなデジタル」と、「直接会ったり、電話したりのようなアナログ」の二種類がありますが、「ニュースレター」はちょうどその中間に位置するツールだと思っていただいてもよいかと思います。
 
 
ちなみに、人間関係を育むうえで最も理想的なのは、お客様全員と直接会って実際に会話することです。でも、お客様1人1人とお会いしてフォローするのは、あまり現実的ではありません。
 
 
だからこそ、それを補うためのツールが「ニュースレター」なのです。ニュースレターを出さなくてもお客様としっかり人間関係が育めているのなら、このようなツールは出す必要はないと思います。しかし、当社のサービスに興味を示し質問してくる方は、おそらくそうではない方が大半かと思います。だからこそ私は、多少手間はかかるかもしれませんが、ニュースレターの発行をオススメします。
 
 
あなたもニュースレターを通じて、今まで育めていなかったお客様との人間関係を育んでみましょう。育んだ人間関係はきっと、今後のあなたのビジネスの大きな成果を生み出す糧となってくれるはずです。
 
 
 
ネタ切れの心配なし!月額4320でニュースレターを簡単に作って出す方法は? 
 
 
 

関連記事

新規顧客を増やす一番の近道は?

メディカルコンテンツ(株) 田中 巧     今回は「新規顧客を増やす一番の近道」といったテーマでお話しさせていただきますね。     企業が「新規顧客を増やすために営業を強化しよ・・・

PREVIOUS
NEXT