繁盛店をつくる経営者はみな「フル●●●●●●●」をやっている

繁盛院をつくる先生はみな「フル●●●●●●●」をやっている ブログ用
メディカルコンテンツ(株) 田中 巧
 
 
繁盛店をつくる経営者の共通点って何だかわかりますか?
 
 
私が見ていて思うのは、どなたも『フルマーケティング』を実践しているという点だと思います。
 
 
このフルマーケティングとは何のことかというと、ホームページ、チラシ、SNS、新聞・雑誌広告、電柱広告、バス広告、ハガキ、ニュースレター、LINE@など…『あらゆる手段を用いて顧客を集めること』。これをフルマーケティングといいます。
 
 
例えば、ホームページを使ったマーケティングといえば「SEO対策」「PPC広告」があります。これらをインターネットマーケティングに上手に取り入れることで、たくさんの顧客を集められるホームページにすることができます。
 
 
また、フルマーケティングを実践している方はホームページだけでなく、「折込チラシ」「立て看板」「電柱広告」「バス広告」などのアナログ的な広告もしっかり活用して集客を行っています。
 
 
そして、もちろん「顧客フォロー」にも抜かりありません。
 
 
例えば、初めて利用するお客様には後日必ず「手書きメッセージ入りのハガキ」を送ったり、月一回「ニュースレター」を自宅に送って、定期的に接触することも当たり前のようにやっています。
 
 
その他に「LINE@」のようなITツールを活用して割引情報などの配信もバンバン送っています。
 
 
まさに思いつく“あの手この手”を尽くした集客活動を飽きることなく愚直に取り組んでいます。
 
 
一方で、集客があまりうまくいっていない方の場合は、一つか二つの集客法しか実践していないように思います。
 
 
例えば、あの集客法が良いとセミナーで聞けば、今まで続けていたものをあっさり止めてそっちを始めたり…。そして、こっちを始めて思うような効果が出なければ、またやめて、今度はまた別のことをはじめる…。このように「右往左往」しているような印象です。
 
 
では、なぜフルマーケティングを実践している経営者の店は繁盛している傾向があるのでしょう?
 
 
おそらくそれは、商圏での『認知度が高まる』からだと思います。
 
 
実は、広告を出す媒体に応じて、その広告を目にする層は決まっています。例えば、「折込チラシ」なら折り込みチラシでしか接触できない層がありますし、「バス広告」ならバス広告でしか接触できない層がいます。
 
 
もちろん一部の層は重なる場合もあると思いますが、さまざまな媒体に広告を出すことであらゆる層にリーチされ、商圏での認知率を広げられて売上に直接的な影響を与えているのだと思います。
 
 
「でも、認知度って、そんなに売上に影響を与えるの?」…こう疑問に思っている方のために、『確率思考の戦略論-USJでも実証された数学マーケティングの力』という書籍を紹介したいと思います。
 
 
この書籍は、経営難に陥っていた「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」を劇的にV字回復させた人物として知られる、日本を代表するマーケター森岡毅氏が著した本です。
 
 
この書籍の42ページで森本氏は「極端な嗜好品の場合はそうならない場合もありますが、自社ブランドの市場における消費者の認知度が50%だったとすると、それを10%伸ばすことができるなら、売り上げはほぼ確実に20%伸ばすことができます」と述べています。
 
 
この文を読んで分かる通り、フルマーケティングを実践しているところが繁盛しているというのは一理あるわけです。
 
 
「確率思考の戦略論」に倣い、あなたのお店の商圏での認知率を高めようと思えば、チラシの配布だけでは足りません。看板やポスターといった媒体だって活用する必要があるでしょう。
 
 
「自分のお店の商圏認知率を高めるにはどの媒体を使ったらいいか?」
 
 
こういったことを考えて、思いつく限りの手法に取り組めば、無駄を最小限に抑えた上で、認知率を高めることができるはずです。
 
 
ぜひ、今回のこの話をあなたのお店の集客にも役立ててみてくださいね。
 
 
 
ネタ切れの心配なし!月額4320でニュースレターを簡単に作って出す方法は? 
 
 
 

関連記事

経費削減はドツボへの入り口かも・・・

メディカルコンテンツ(株) 田中 巧       つい先日、うちの会社に一本の電話が入りました。。。その電話は、つい数か月前にニュースレターを始めた経営者さんからでした。   &n・・・

情報があなたの価値を何倍にも引き上げる!

メディカルコンテンツ(株) 田中 巧     今回は「情報が価値を作り出す」こういったお話をさせていただきます。     一見何の変哲もない商品やサービスでも、その背景にある「情報・・・

PREVIOUS
NEXT