ニュースレターの中に絶対にいれるもの

ニュースレターの中に絶対にいれるものol
メディカルコンテンツ(株) 田中 巧
 
 
先日テレビを見ていたら、あるタレントさんが番組中にプロポーズをして成功していました。
 
 
そのタレントさんには失礼ですが、お世辞にもカッコいいとは言えないお笑い芸人です。
 
 
しかし、どんなにカッコ悪いお笑い芸人でも、テレビに出ていると一般男性よりは絶対にモテるでしょう。
 
 
では、このお世辞にもカッコいいとは言えないお笑い芸人でも、女性にモテるのはなぜだと思いますか?
 
 
それは、ズバリ「顔を目にする回数が多いから」。むちゃくちゃ単純ですが、これは効果絶大なんです。 テレビ越しにでも、頻繁にそのタレントさんの顔を見ていれば、なぜか親近感が湧いてくるのです。
 
 
 
 
実はこういった心理効果のことを、ザイオンス効果と言います。
 
 
ザイオンス効果は心理学の分野でもちゃんと証明されている効果で、接触回数が多ければ多いほど、親近感や好意が上がっていくという現象です。
 
 
 
 
たとえば、あなたがシャンプーを買いに近所のドラッグストアへ行ったとします。 棚にはたくさんのシャンプーが置いてありますが、その中から1つに絞る判断基準はなんでしょうか?
 
 
●パッケージのデザイン
●メーカー
●価格 etc・・・
 
 
選ぶ基準はさまざまあると思いますが、「テレビ」や「雑誌」などでよく目にするシャンプーが並んでいたら、かなりの確率で手にとってしまうのではないでしょうか?
 
 
あらゆるメディアで何度も何度もくりかえし目にすると、この「ザイオンス効果」が発生します。 知らず知らずのうちに、そのシャンプーに親近感や好意が生まれてくるのです。
 
 
そのため大手企業はこういった広告プロモーションに、莫大な資金を投入しています。
 
 
「日本の女性は美しい」
 
 
こういったキャッチコピーでお馴染みの資生堂の「TSUBAKI」というシャンプーは、実に50億円の広告費を投じて僕らの心に侵入してきたそうです。すごいプロモーション費用ですね…
 
 
 
 
でも、僕らのような中小零細企業はこんな予算はとうぜん使えません。。。。
 
 
では、どうするか?指をくわえて見るだけなのか?
 
 
いえ、違います。
 
 
大企業のように派手な「テレビ広告」や「雑誌広告」を打つのではなく、いま来ていただいているお客さんに「顔を忘れさせない」ために資金を使うのです。
 
 
 
 
ちなみに、顔を忘れさせないために最も効果的な方法は「お客さんと直接会ってコミュニケーションを取ること」 これが最も効果的です。
 
 
でも、ひとりひとりのお客さんに会いに行くって現実的にはなかなか難しいのではないでしょうか?
 
 
しかし、このザイオンス効果は、直接会いに行かなくても、「ニュースレター」のような媒体を使っても十分に効果を発揮できます。
 
 
 
 
たとえば、ニュースレターの中にあなたやスタッフさんの「顔写真」を入れてお客さんに渡してみましょう。 顔写真を入れたところ、前よりもお客さんとのコミュニケーションが増えてリピーターが増えました!とお話しされる経営者さんもとても多くいらっしゃいます。
 
 
したがって、あなたやスタッフさんの顔写真を入れたお便りを頻繁にお客さんのもとへ届ける。ぜひ、これを実践してみて下さい。
 
 
もし「顔写真を載せるのは照れくさい…」という方の場合は、似顔絵でも構いませんので載せてみてはいかがでしょうか。
 
 
お客さんに忘れられないように、ニュースレターを使って接触し、あなたやあなたのお店をアピールしていきましょう!
 
 
 
 
 
ネタ切れの心配なし!月額4320でニュースレターを簡単に作って出す方法は? 
 
 
 

関連記事

PREVIOUS
NEXT