私の愛犬「太郎」との想い出話を少し聞いて下さい

私の愛犬「太郎」との想い出話を少し聞いて下さい 
今回は私が小さい頃、
実家で飼っていた犬
 
「太郎」のお話をさせて下さい。
 
 
太郎は、
私が物心ついたころから
うちにいた雑種犬。
 
ちょうど私が生まれた頃、
子犬としてわが家にやってきました。

 
 
太郎は
とにかく散歩が大好きな犬でした。
 
小学校に上がってから、
私は太郎の「散歩係」。
 
太郎は毎朝、
私の周りを飛び跳ねて
散歩に急かします。
 
 
私の故郷は秋田県でも北の地域
冬は雪が深く積もります。
 
でも太郎はそんな雪道も大好き。
雪の日は二倍元気になります。
 
寒い朝は
私も散歩をサボりたくなります。
 
でも、太郎に急かされ
一日も欠かさず散歩に行きました。
 
 
そんな太郎が
ある日、病気になりました。
 
食欲もなくなり、
あんなに好きだった散歩も
ねだらなくなりました。
 
連れ出そうとしても
だるそうにうずくまってしまいます。
 
両親ももう「散歩に連れて行け」とは
言わなくなりました。
 
私はとても心配でした。
 
のちの両親の話では、
私はすっかり元気がなくなってしまい、
家でも口数が減ってしまったそうです。
 
 
そんなある日の朝、
「ワン、ワン」という元気な鳴き声で
私は目を覚ましました。
 
そうです、
その鳴き声は「太郎」でした。
 
私が近づくと、
以前のように足に
まとわりついてきます。
 
 
久しぶりの散歩。
 
 
いつもの長いコースではなかったけど
家の周りを楽しく歩きました。
 
 
「太郎の病気が良くなった!」
 
 
私は晴れ晴れとした気持ちで学校へ行き、
その日は寄り道せず、まっすぐ家に帰りました。
 
 
 
ところが、、、
 
 
 
家に帰ると、
「太郎」はもう死んでいました。
 
私が学校に行った直後、
眠るように死んだそうです。
 
私は悲しくて
それから何日も一人で泣きました。
 
 
でも、
私の心には変化がありました。
 
最後の力を振り絞って
私を元気づけてくれた「太郎」。
 
いつまでもくよくよしていては、
死ぬ間際まで心配をかけてしまった「太郎」に申し訳ない。
 
それから私は
家でも、学校でも
努めて明るくふるまうようになりました。
 
――――――――――――
 
あれからもう
数十年・・・
 
私も年齢を重ね
今ではあの頃の私と同じくらいの
娘もいます。
 
でも、
今でも「太郎」のことを時々思い出します。
 
太郎は今でも
私を元気づけてくれます。
 
――――――――――――
 
とりとめなくお話ししてしまいました。
 
はっきりいって
ありふれた話だと思います。
 
ペットとの悲しい別れは
多くの方が経験し、
珍しいことではありません。
 
でも、私はこの話を親しくなった人に
必ずしています。
 
「心」でお付き合いしている人に、
私のことを知ってもらいたいと思うからです。
 
 
「ニュースレター」に書く事は、
何も「あなたのビジネスに関係した話」でなくてもよいのです。
 
私が今回話した
昔の想い出話でもいいんです。
 
あなたの“人となり”が感じられ
より身近になるようなお話を
ぜひ、「ニュースレター」に書いてみて下さい。
 
きっとお客さんはあなたを
とても身近な存在に感じて下さることでしょう。
 
そして、お客さんと「心」でつながることで
あなたはさらに、お客さんに対して良い仕事ができるのではないでしょうか。
 
 
このサービスを活用することで、
このサービスを活用することで挫折なくニュースレターが出し続けられます!

関連記事

発する情報は量よりも“質”の時代に

メディカルコンテンツ(株) 田中 巧     今回は「発する情報は量よりも質の時代に」こういったお話をさせていただきたいと思います。     仕事や私生活で“インターネット”を使っ・・・

ビジネスでもプライベートでもフォローは同じ

  今回は「リピーターを増やすための考え方」について お話させていただきます。   お店や会社の売上を上げるには、 お客さんに継続的にリピートしてもらう必要がありますよね。   そのためには・・・

料理の鉄人も料理は3割

  あなたは「料理の鉄人」というテレビ番組はご存知ですか?   90年代に放送されていた番組で、 三ツ星シェフが決められた素材を使って 料理対決をするといった番組です。   実はこの番組は、・・・

PREVIOUS
NEXT