無料で配るものだからこそ、価値のあるものを

無料で配るものだからこそ価値のあるものを届けていますか? 
私が小学校のとき、
授業でこんなことをやりました。
 
「地域のお年寄りに年賀状を書いて送ろう!」
 
当時は小学生ですから、
汚い字で内容もたわいない、そんな年賀状です。
 
すると・・・
 
年が明けて数日後、
そのお年寄りから返事が返ってきたのです。
 
書いてある内容は
年賀状が届いたことに対する「お礼」でした。

「おお、返事が届いた!」
 
と私はびっくりしましたが、
驚いたことに、クラスのほとんどの子が
出したお年寄りから返事をもらっていたのです。
 
このことから、
何がわかるでしょう?
 
 
「人は何かを与えられたら、
 似たようなカタチでそのお返しをしなくてはならない」
 
こういったルールが知らず知らずのうちに
頭の中に刷り込まれていると思いませんか?
 
 
たとえば、
 
「誕生日プレゼントをもらったから
 お返しをしなければならない」
 
「バレンタインのチョコをもらったら、
 ホワイトデーにお返しをしなければならない」
 
「お歳暮をもらったら、
 お歳暮を返さなければならない」
 
そんな目に見えないルールの中で私たちは社会生活を営んでいる。
 
そうすることが当たり前だと思い生活しているのではないでしょうか。
 
もちろん、このルールは「ビジネスの世界」でも当たり前に利用されています。
 

たとえば、スーパーマーケットでの「試食販売」などがこの典型例です。
 
ウィンナーがホットプレートで焼かれ
「奥さんこれオイシイからぜひ食べてみて!」と薦められる。
 
この試食を食べてしまうと、何も買わずそのまま立ち去ってしまうのは
なかなか勇気がいりますよね(苦笑)
 
なぜなら、
 
●人は恩義を感じると返したくなる
 
という心理が働くからです。
 
先ほどの「年賀状」と同じ現象が起きてしまうのです。
 
このことから「与えること」の重要性がわかってきますよね。
 
与えられれば、必ず何らかのカタチで返ってくる。
 
しかも、コチラが与えた以上のものが返ってくることもしばしばあるのです。
 
 
でも、ここで気をつけなければならないポイントがあります。 それは、、、
 
●『無料だからといって何でも与えればいい』と
 
いうわけではないということです。 
 
無料でももらって迷惑なものだってあります(笑)
 
大切なのことは
 
「単にタダで与えるだけではなくて、
 恩義を感じさせること」が大事なのです。
 
先ほどの年賀状の話でも、
小学生が手書きで手間暇をかけて書いたから返事があったわけです。
 
誕生日プレゼントでも、
わざわざ自分のためにお金と時間をかけてくれたからこそ、
返さなければならないと思うのです。
 
だからこそ恩義を感じさせたのです。
 
ただやみくもに何でも無料で配ったからといって効果があるわけではない。
 
『価値あるものを無料で配る』からこそ、
恩義を感じ、売り上げアップにつなげることができるのです。
 
だからこそ、ニュースレターをもらったお客さんが、
「無料なのにこれはいいな!」と思っていただけるようなものでなければならないのです。
 
 
たとえば、当社が作成しているニュースレターには、
ちょっとした「お料理レシピ」のコーナーがありますが、
 
このレシピはすべて「プロの管理栄養士さん」に
オリジナルでレシピを作ってもらっています。
 
「カロリー計算」や「栄養バランス」などを
考慮に入れたきちんとしたレシピなので、
 
実際に作って食べてみた当社のクライアントのお客様から
「レターに載っていたお料理美味しかったです!」
「いつも献立に悩むのでとても助かってます!」と
感謝のお礼やお手紙をいただくそうです。
 
また、あるクライアントのお客様の中には
ニュースレターだけ取りに来るお客様が現れるほどの
「クオリティー」になっています(笑)
 
「おいおい、ニュースレターだけ取りに来られても
 うちは儲からないでしょ・・・」
 
もしかしたら、あなたはそう思っていませんか?
しかし、さっきの話を思い出してみて下さい。
 
人間には「人がこちらに何かを与えてくれたら、
似たようなカタチでそのお返しをしなくてはならないルール」
 
これがあります。
 
もちろん、これはすぐには返ってこないかもしれません。
 
しかし、何らかのカタチで必ず返ってくるのです。
 
「優良客になってくれたり」
「お友達を紹介してくれたり」
「御礼の言葉であったり」
「何らかの差し入れであったり」
 
だからこそ、
 
『無料でお配りするものだからこそ価値のあるものを』提供することが大切で、
 
『価値のあるものを無料で配るからこそ効果が発揮される』のです。
 
ただ単に、どんなニュースレターでも配れば効果が出るとは思わないほうがよいでしょう。
 
タダでもほしくないニュースレターは、あまり効果につながることはありません。
 
今、あなたが出しているニュースレターの
 
●情報の質は?
●デザイン性は?
●印刷物の紙質は?  
 
無料で配るものだからこそ、こういった細部にまでこだわって
 
「これタダでもらっていいんですか?」って
お客さんが感じてくれるものにしなければならないのです。
 
 
このサービスを活用することで、
このサービスを活用することで挫折なくニュースレターが出し続けられます!

関連記事

ニュースレターは幸せを伝染させるツール

メディカルコンテンツ(株) 田中 巧       「常連客の大切さ」はどの業界でもよく語られることですが、これはどちらかというと売上の安定化など「経営の視点」からのお話が多いですよね。 &n・・・

ニュースレターとメルマガ、やるならどっちがいい?

メディカルコンテンツ(株) 田中 巧   最近よく聞かれる質問があります。 それは「ニュースレターとメルマガではどちらをやったらいいの?」といった質問です。 正直「どっちもやればいい」と答えてしまえばそれまでで・・・

PREVIOUS
NEXT