ハガキのフォローとニュースレターのフォローはそれぞれ役割が違う

ハガキのフォローとニュースレターのフォローはそれぞれ役割が違う 
 
今回は
 
「ハガキ」を使った顧客フォローと、
「ニュースレター」でのフォロー、
 
 
このそれぞれの役割の違い
 
 
について考えてみたいと思います。
 
 

 
 
さて、
私も医院・治療院向けのニュースレター代行サービスを
けっこう長い期間行ってきていますが、
 
 
残念ながら、志半ばでニュースレターを
止めてしまう先生もいらっしゃいます。
 
 
その理由で多いのが、
 
 
●ニュースレターはコストが高い
●発送作業が面倒
●印刷するのが大変
 
 
こういった類のものです(苦笑)
 
 
 
 
このような理由から、
ニュースレターを完全にやめ、
 
 
フォローは全て「ハガキ」に切り替える
という方も中にはいらっしゃいます。
 
 
 
 
ハガキは手間もかからず
コストも安いので、
 
 
「フォローは全てハガキに切り替えよう」
という気持ちもとてもよくわかりますが、
 
 
それでも私は「ニュースレター」でのフォローを
一貫しておすすめします。
 
 
 
 
ではなぜ、ハガキではなくて
ニュースレターを出す必要があるのか?
 
 
これからお話していきますね。
 

 
 
 
 
————————————–
■ハガキの役割は?
————————————–
 
 
実は、ハガキはお客さんの気持ちを
揺り動かすツールとして向いています。
 
 
お客さんに
 
 
「先日、ご来店頂きましたが、
 その後、いかがですか?」
 
 
というような、個人的なメッセージを
個別に伝えるとき、ハガキはとても良いツールです。
 
 
 
 
こういったお礼のハガキを
お客さんがもらうと
 
 
「ここのスタッフは、私のことを
 気にかけてくれているのね」と
 
 
とても感動してくださいます。
 
 
 
 
したがって、
ハガキを送るタイミングとしては、
 
 
1、初めての来店や購入して頂いた時
2、他のお客さんをご紹介して頂いた時
3、お菓子などをいただいた時
4、お客さんに迷惑をかけてお詫びをする時など、
 
 
ここぞってタイミングの時に
出すのがベストです。
 
 
つまり「ハガキ」というツールは、
プロレスで言う『決め技』になります。
 
 
だからこそ、あまり乱発して
使うものではありません。
 
 
 
 
私の知り合いの経営者さんは
ニュースレターを出す前、
 
 
ハガキだけで顧客フォローを
行っていたそうです。
 
 
 
 
すると何人かのお客さんから、
 
 
「また行くから、
 私にはもう送らなくていいよ!
 ハガキ代がもったいないでしょ?」
 
 
って言われることもあったそうです。
 
 
 
 
つまり、ハガキを頻繁に送ることは、
 
 
「うちのお店にまた来てね!」
「また買ってね!」
 
 
といったアピールが
ストレート過ぎて、
 
 
お客さんからすると、
少し押し付けがましい感じも
あるのかもしれません。
 
 
ハガキはじっくり見るようなもの
でもありませんから、
 
 
お客さんからしたら、
よりその下心が見えたため、
 
 
「もう送らないで」ということ
なのかもしれませんね。
 
 
 
 
また、ハガキの狭いスペース
の中に「広告」を入れ
 
 
DMのように使う方もいますが
これもおすすめしません。
 
 
なぜなら、ハガキはスペースが限られているため、
伝えたいことをしっかり伝えるのが難しいからです。
 
 
 
 
「どうせハガキを送るんだから
 一石二鳥で広告も入れちゃえ!」
 
 
っていう気持ちもよくわかりますが、
 
 
売り込むときは、別でDMを出して
思いっきり売り込んだらいいと思います。
 
 
 
 
とにかく「ハガキ」は、個人的なメッセージを
個別に送るのためのツールとして使うのがベストです。
 
 
頻繁にハガキを送られたら
お客さんは困惑してしまうかもしれませんよ。
 
 
 
 
————————————–
■ニュースレターの役割は?
————————————–
 
 
ニュースレターは
押し付けがましくなく、
 
 
お客さんを囲い込むツール
として向いています。
 
 
ニュースレターは
売り込み無しのライトな読み物なので、
お客さんも受け取りやすいんですね。
 
 
 
 
さらに、ハガキと違い
適度なスペースもあるため、
 
 
お客さんの役に立つ情報や
あなたのパーソナルな情報を
伝えることもできます。
 
 
また、ハガキのように
個人的なメッセージが
書かれているわけでもないので、
 
 
お客さんは、お友達やご家族にも
気兼ねなく見せることもできます。
 
 
つまり、その後の「紹介」につながる
可能性もあるツールなんですね。
 
 
ただし、ハガキのように
お客さんを感動させることはできません。
 
 
こういった部分ではハガキに比べて
弱いところでもあります。
 
 
このように、
ハガキとニュースレターは
 
 
「リピートしてもらう」
といった目的は同じでも、
微妙に役割が違うってことです。
 
 
 
 
———————————————————————
■用途に応じてハガキとニュースレターは使い分ける
———————————————————————
 
 
ゴルフをされる方はよくわかると思いますが、
ゴルフは用途に応じてクラブを持ち替えますよね。
 
 
●ドライバー
 
●アイアン
 
●パター
 
 
いろいろあるクラブの中から
ベストなものをチョイスして
カップインを目指します。
 
 
ハガキとニュースレターも
これと同じで、
 
 
用途に応じて
使い分けなければならないのです。
 
 
 
 
つまり、
冒頭でお話しした
 
 
「ニュースレターを止めて
 全てハガキだけでフォローする」
 
 
という方はゴルフで例えると、
 
 
「アイアンを使わず
 パターだけでコースを回る」
 
 
ということと同じです。
 
 
 
 
ハガキはパターのように、
お客さんの感情に訴え
決めに行くためのツールです。
 
 
かたやニュースレターは
どちらかと言うと、
 
 
こまめに接触することで、
カップに寄せに行くための
アイアンのようなツールです。
 
 
 
 
つまり、どっちを使えば良いとか悪いとかではなく、
両方使ったほうがスコアが伸びますよってことです。
 
 
 
 
「ハガキ」と「ニュースレター」
 
 
こういった顧客フォローに適したツールは、
用途に応じて使い分けるようにしてくださいね。
 
 
このサービスを活用することで、
このサービスを活用することで挫折なくニュースレターが出し続けられます!
 

関連記事

新規顧客を増やす一番の近道は?

メディカルコンテンツ(株) 田中 巧     今回は「新規顧客を増やす一番の近道」といったテーマでお話しさせていただきますね。     企業が「新規顧客を増やすために営業を強化しよ・・・

PREVIOUS
NEXT