アメリカのNASAもニュースレターを出していた!

アメリカのNASAもニュースレターを出していた! 
アメリカのNASA(アメリカ航空宇宙局)は
ご存知ですよね。
 
実は、NASAが取り入れている
マーケティング手法が、
 
『ニュースレター』と同じ手法なのです。
 
「マーケティング」とは、
企業が商品やサービスをお客さんに売り込むために行う
リサーチや販売手法のことをいいますが、
 
その研究が世界で最も進んでいるアメリカでは、
いま「コンテンツマーケティング」が主流になっています。

 
この「コンテンツマーケティング」とは、
一体どういったものなのかというと、
 
まず、お客さんに役立つ情報を発信して、
お客さんの方から自然にそれを読んでもらうようにする。
 
そうやって、お客さんとの繋がりを深めておいて、
自社のモノやサービスを選んでもらう。
 
これが「コンテンツマーケティング」のセオリーです。
 
なので、ニュースレターを出してお客さんをフォローする手法も
「コンテンツマーケティング」と呼ばれるものに該当します。
 
 
では、アメリカの最先端マーケティングが
なぜ、このような手法に変わってきたのでしょう?
 
実は、一昔前のアメリカの企業は
“広告宣伝”をして売り込むのが主流でした、
 
しかし、最近の人は、広告をあまり見てくれなくなりました。。。
 
例えば、電車の中でも、広告なんか見ないで、
「スマートフォン」や「タブレットPC」をやっていたりします。
 
それぞれが自分の欲しい情報を、
広告なんかに頼らず自分で探しているというわけです。
 
そこで、こういった広告を見てくれない人たちにも、
自社のモノやサービスを売っていくため
 
お客さんのためになる情報を提供する
このような「コンテンツマーケティング」が行われているのです。
 
最近では、コンテンツマーケティングがとても効果を発揮してきているため、
多くの企業が実践しています。
 
例えば、有名なところでは、コカコーラ、ハーゲンダッツ、P&G、
資生堂、セブンイレブン、大塚製薬など…。
 
各社とも、商品とはあまり関係のない“消費者に役立つ情報”を広く提供して
お客さんとの関係作りに励んでいます。
 
そして、先にお話しした「アメリカのNASA」だって、
 
「動画サイト」
「宇宙飛行士のブログ」
「宇宙に関する面白い情報」を積極的に発信しています。
 
もちろん、NASAの場合はビジネスではなく、
一般人の支持を集めて、多くの国家予算を獲得するのが目的ですが(笑)
 
このように「コンテンツマーケティング」は、
すでに当たり前のようにあらゆる業界で取り入れられているのです。
 
商品を買っていただく前に、お客さんに情報発信をしてフォローすることは、
もう常識になりつつあるのです。
 
 
そして、最後にもう1つ!
あなたに知っていただきたいアメリカの最先端マーケティングのお話をお伝えしますね。
 
実は、マーケティングの世界最先端にいる人たちは、
「ホームページ」「ソーシャルメディア」などのWEBを使ったマーケティングは、
近年かなり効果が減ってきていると話しています。
 
そして、これからの時代、WEBに替わるマーケティング手法として
コンテンツマーケティングの先駆者で、中心人物のジョー・ピュリッジ氏は、
 
●「今こそ、紙媒体が最大のチャンス!」
 
こう話しています。
 
『紙に印刷されたものの方が、デジタルのものより、
 受け取った時の印象が圧倒的に強い』と彼は主張しているのです。
 
また、WEB中心の世の中になって、
“印刷物の数”が減ってきているため、
 
その分、紙の印刷物への注目度が高くなっている
ともお話されています。
 
WEBの方向に皆が向かっている今の時代だからこそ、
逆に「紙の印刷物」を使ったマーケティングが、
より効果を発揮してきているそうです。
 
 
●「コンテンツマーケティング」が実践できて
●「紙に印刷されたもの」 といえば、、、、
 
もちろん「ニュースレター」ですよね!!
 
古いツールのようで実は新しい
 
この世界最先端のマーケティング手法「ニュースレター」を、
あなたの集客・販促活動にも積極的に取り入れてみて下さいね。
 
 
このサービスを活用することで、
このサービスを活用することで挫折なくニュースレターが出し続けられます!

関連記事

PREVIOUS
NEXT