ニュースレターをこのように「二次利用」していますか?

ニュースレターをこのように「二次利用」していますか?ol
メディカルコンテンツ(株) 田中 巧
 
 
ニュースレターで使う原稿は、基本一度きりです。同じ原稿を次の号にも使う訳にはいきませんよね。でも、それってなんだかもったいない気がしませんか?
 
 
私どものような作成代行サービスを利用すれば執筆時間を大幅に減らすことはできますが、それでも作業量はゼロではありません。
 
 
時間を費やしてせっかく作っているのですから、その原稿をぜひ二次利用してみましょう。
 
 
===========================
ニュースレターの二次利用法
===========================
 
ニュースレターの二次利用先は、次の3つがあります。
 
 
1、ホームページ

2、メールマガジン(もしくはFacebook)

3、小冊子
 
 
では、1つずつ説明していきますね。
 
 
===========================
1、ホームページ
===========================
 
書いた原稿の中で、時世に関係なく読まれる内容はホームページに載せておくと良いでしょう。
 
ホームページが検索エンジンで上位に表示されるかどうかはホームページのコンテンツの質で決まります。ホームページをたくさんの人に見てもらいたければ、コンテンツの質にとにかくこだわることです。
 
そのためにも、ニュースレターで公開した有益な情報はホームページにも掲載するようにしましょう。
 
もし、ホームページを持っていなければ、ブログを運用してそこに掲載するのも良いでしょう。
 
 
 
===========================
2、メールマガジン (もしくはFacebook)
===========================
 
続いてはメールマガジンです。メールマガジンを発行している方であれば、メールマガジンとしても原稿を活用してみましょう。
 
活用する順番としては、メルマガを送った後にホームページに掲載すると良いでしょう。
 
もし、メルマガではなくFacebookを運用しているという場合は、Facebookに掲載しましょう。
 
 
 
===========================
3、小冊子
===========================
 
最後は小冊子です。過去に発行したニュースレターを集めて小冊子にし、読めるようにしておくのも良い手です。
 
内容の一部を抜粋したものを集めた冊子でも良いでしょうし、また、お客様の声を集めた小冊子にするのもおすすめです。役立つコンテンツを集めて小冊子にするのも良いでしょう。
 
初めて来られたお客様に手渡せば、きっと満足度が上がるはずです。
 
 
 
以上が「ニュースレターの二次利用法」ですが、いかがでしたでしょうか?
 
 
このようにして、コンテンツは1回きりで終わらせるのではなく、何回も再利用することで、効率的に営業活動を行うことができます。ぜひ、参考にして実践されてみてくださいね。
 
 
 
ネタ切れの心配なし!月額4320でニュースレターを簡単に作って出す方法は? 
 
 
 

関連記事

広告費用、まずはここからかける

メディカルコンテンツ(株) 田中 巧     今回は「広告費をかけていく順番」についてお話しさせていただきます。     ひとくちに広告と言っても、以下のように様々な種類があります・・・

ニュースレターが働くスタッフに与える影響力

メディカルコンテンツ(株) 田中 巧     「ニュースレター」とは、あなたの想いを形にしてお客様に伝えるツールである。こういったことはこれまで何度もこのブログの中で話してきましたが、今回は視点を変え・・・

PREVIOUS
NEXT